【募集中!】東京・名古屋・大阪 ママ’S カフェ

● 【募集中】東京・名古屋・大阪 ママ’S カフェ

※残席わずかや満席の日程もあります。以下ご確認ください。

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

ものすごーーくお待たせしてしまいましたが、、、

2月3月のママ’S カフェは、東京・大阪・名古屋で開催致します。^^

このところ、

「次のママ’S カフェはいつですか?」
「お会いしたいです!」

 
などのお声をいくつかいただいていました。

本当にありがとうございます!!

日程が決まりましたのでお知らせします。

アンケートにご協力いただき、ありがとうございました。

2015.09.18 名古屋ママ’S カフェ

2015.7.7 東京ママ’S カフェ

いつもママ’S カフェでは色んな話をして、最後には悩みが大笑い!になってしまう時もあります。

「英語だけでなく子育ての話も聞いてもらえて楽しかったです!時間があっという間でした。」と感想も頂いています。

2015.6.25 大阪ママ’S カフェ

色々お話にいらっしゃいませんか?

子育てのこと、幼児教育のこと、小学校受験のこと、はたまたママ友のこと、家族のこと、ママご自身のこと…。

毎回色んなお話が出てきます。今回もとても楽しみです。

ママ’S カフェでは、

・普段、ご近所のママ友には話しにくい話ができる
・同じような考えのママさんと知り合える
・国産バイリンガルの育て方について聞ける
・幼児教育についても質問できる
・小学校受験について話が聞きたい
・その他いろいろな疑問が解決できる
・話すだけでもすっきりして育児が楽になる

などのメリットがあります。

基本的にはフリートークなので、ざっくばらんに質問ができるのもいいところです^^

IMG_9685

 ・どんなスケジュールで英語のかけ流しをしたらいいの?
・英語と日本語の両立については?
・上の子と下の子の働きかけのバランスが知りたい。

などのご質問も、当日加藤に聞いて下さいね。

あんまり質問は得意ではないわ、というママさんも時々ご参加下さいますので大丈夫ですよ。

色んなママさんたちの意見を聞けるのも貴重な体験です。慣れてきたら、みなさんたくさんお話されていますね。

ママカフェ大阪 2016.03

今までご参加下さった方からは、

「色々質問できてスッキリしました。」

「こういう英語や教育のことについて、突っ込んで話せる場がないので、参加できてよかったです。」

「英語教室をどこにしようか悩んでいたけど、選ぶ基準が明確になりました。」

「英語だけでなく、教育全般についてや、しつけについてなどのお話もできて、気持ちが楽になりました。」

「幼児期にやっておいたほうがいいことや、英語耳のできる仕組みなどがわかったので、早速実践したいと思います。」

「英語教育について、目標の設定や、目標に向けた日々の取り組み方など教えて頂いたので、続けられています。」

「いろんな教材や絵本のことも質問できて、迷いがなくなりました。」

「小学校受験や教育のことについても知ることができてよかったです。」

 

という感想をいただいています。

とりあえず、今は質問も悩みもないけど参加しましたという方もいらっしゃいましたが、他のママさんのお話を聞いて、自分の中に質問がたくさん出てきたという方もいらっしゃいました。

ですので、ちょっと参加してみたいという方ももちろんOKです^^

よければ、私に会いに来てくださいね^^

【東京 ママ’S カフェ】
・3月1日(木)

10:10~12:00 ごろ (その後お時間ある方はランチも)

定員:7名様 → 満席

場所:トラヤトウキョウ 東京ステーションホテル内 

 

【名古屋 ママ’S カフェ】

・2月18日(日)
10:10~11:45ごろ
定員:3名様 → 満席
 
・2月27日(火)
10:10~12:00 ごろ (その後お時間ある方はランチも)

定員:7名様 → 残席わずか

場所:アンティコカフェ・アルアビス JR名古屋セントラルタワーズ13F

 2015mamacafe07

【大阪 ママ’S カフェ】

・3月6日(火)
10:10~12:00 ごろ (その後お時間ある方はランチも)

定員:7名様
  → 残席あり
場所:アフタヌーンティルーム グランフロント大阪南館3F(予定)

アフタヌーンティ カフェ2

「どんな質問にも答えて下さるし、わかってくださってるって感じがして、話しやすかったです。」

「子育ての迷いが吹っ切れました!」

とおっしゃって下さった方もいらっしゃいました。

ご都合よろしければ、どなたさまもお気軽にご参加下さいね^^

【ママ’S カフェ 参加費】
3,000円です。
カード決済かお振込みでお願いします。

当日のご飲食代は各自現地でお支払いをお願いします。

2月14日の20:00から、こちらにご登録の方、募集開始です。まだの方は登録してくださいね。

 
 
 

英語が苦手と回答する中学生はなんと6割!

● 英語が苦手と回答する中学生はなんと6割!

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

先日、お子さんに英語絵本セットを検討しているという方からメッセージをいただきました。

そのママさんは中学で初めて英語に触れて、戸惑ったというご経験がおありとのことでした。

これ、本当にわかります。

実ははっきりとデータでも出ています。

アルクの小学校英語講師認定の教材に出ていたデータなのですが、

英語が苦手と回答する子どものほとんどは、中学で初めて英語を勉強する子

 
だそうです。

5年くらい前のデータなので今は小学校英語が始まっているところも多いので、だいぶ変わっているかもしれませんが、文科省が発表している公式のデータです。

初めて学ぶのと今まで英語に親しんできたのでは、大きな違いがありますよね。

だから国も英語学習の前倒しで小学校英語を始めたのかもしれませんが、場合によっては「英語が苦手」な子が前倒しで作られることにもなりかねません。

ですので、できればご自宅で、学校で英語を習う前に、英語に触れさせておきましょう。

がつがつ勉強させましょうっていうことではなくて、自宅に英語絵本が当たり前にあるっていう状況を作るだけでもいいんですよ。

まずスタートはそこですよね。^^

また別のデータ(ベネッセさん)では、中学生で英語が苦手って答える子は6割とも言われています。



 


 
しかも、嫌いになる時期は、中1の後半までが大半を占めています。



 
最初に嫌いになっちゃうと、なかなか取り戻すのは難しいですよね。

こちらのデータも古いので現在は変わっているかもしれませんが、大幅には変わっていないと思います。

しかも、多くの子が小学校や幼稚園から英語をスタートするようになって、できる子とできない子の差が大きくなっているのが現状です。

まったく知らないよりはまずは英語に「触れる」ことからスタートしませんか?

英語絵本セットは中学英語もカバーしているのに、幼少期から親しむ絵本としては最適です。

ぜひご家庭で英語絵本を使ってみてくださいね。こちらからチェックできます。>>>

   
 

ママに読んでほしい!「子どもが育つ魔法の言葉」

● ママに読んでほしい!「子どもが育つ魔法の言葉」

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は子育て中のママさんに読んでほしい本のご紹介です。

私も持っています。

こちらです。


※画像クリックでリンクに飛びます

こちらの本は、私が出産した時に友人のお母さんからいただきました。

私は母親を亡くしていますので、心配して気を遣ってプレゼントしてくださったと思います。

「○○すべき」という子育て本じゃないので、どのママにも読みやすいと思います。

心が温かくなります。

有名な一説を少しご紹介しますね。

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは、乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもも不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもも人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない 

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく、思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

 
私も久しぶりに読んで、また心に響いています。

でもね、「私がこんなだから、子どもがダメなんだわ~。」なんて思わないでくださいね。

叱ることがあってもいいんです。

ずーーっと叱っているわけじゃないでしょ。^^

ママは自分のことを責めすぎないで、自分のことも大切にしてくださいね。

 
 
 

お子さんに読書習慣をつけるとプラスになる3つのポイント

● お子さんに読書習慣をつけるとプラスになる3つのポイント

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

最近息子がはまって読んでいる本がこちらの本です。

大人もはまる名作、「バッテリー」です。

FullSizeRender (5)

野球のピッチャーとキャッチャーをセットでバッテリーと言います。

野球少年の青春物語です。

アニメにもなっていますね。

先日、慶応義塾中等部に合格した芦田愛菜ちゃんも、バッテリーは読んだそうですね。

これで野球のルールを覚えたそうです。

芦田愛菜ちゃんは、多忙な生活にもかかわらず、たくさんの本を読んでいたそうです。

読書量 → 賢さ に必ずしも直結しないかもしれませんが、知識や語彙、国語力など、プラスになることが多いです。

勉強や受験にも役立ちますが、そのためだけではなく、お子さんには読書週間をつけてあげましょう。

読書週間をつけると、どんなプラスのポイントがあるのか、以下にまとめました。^^
 

1: 自然に本が好きになるので親がラク!

 
幼少期、赤ちゃんのころから絵本を当たり前に読んでもらっていると、自然に絵本が好きになります。

Mother and Daughter Reading Together

絵本がある生活が当たり前になります。

絵本好きから本好きになっていきますね。

小学生になって国語の授業などがはじまってから、読書の大切さに親が気付いて、お子さんに本を読ませようと思っても、結構労力がかかります。

他の勉強も始まっていて忙しいですし、遊びもしたいし、テレビも見たい、ゲームもしたいからです。

幼少期から本好きになっていると、たとえゲームをしても、本も読むという方向へ修正してあげるのも簡単です。

ぜひ、赤ちゃんのころから、読み聞かせをしてあげてくださいね。

 

2: 勉強にも役立つ!

 
本が好きになると、本を読むことが苦じゃなくなります。

本を読む → 文字を読む ということですから、国語の読解問題はもちろん、他の教科の教科書を読むのも文字を読む作業です。

その時点で苦労しないほうが、勉強もスムーズに進みますよね。

今、お子さんが赤ちゃんや幼児さんの場合はもちろん、小学生だったとしてもぜひ今から習慣づけてあげましょう。

  

3:授業もちゃんと聞ける!理解力があがる!

 
読書といっても、まずはママの読み聞かせからスタートしますよね。

耳で聞いて、内容を理解していきます。

これは、集中力がとても養われます。

以前新聞で読んだ記事ですが、高校野球の球児に監督が絵本の読み聞かせをするようになった事例があります。

baseball-1425124_640

普通の絵本ですよ!(笑)

このことによって、高校球児たちの野球の成績が上がったそうです。

それは、理解力があがって、監督やコーチの指示の言いたいことを深く理解して行動できるようになったからと言われています。

高校生でも効果が出るって、すごいことですよね。

ぜひ今から、絵本の読み聞かせをしてあげましょう。小学生への読み聞かせも、効果ありますよ。^^
  

まとめ

 
読書習慣は、上記の3つのポイント以外にも、たくさんのプラスの効果があります。

読み聞かせをするのは、ママも結構時間を取られますし、労力もかかりますよね。

でも、今その時間をとっておくと、ママもあとがラクになります。

小学校に入ってから本を読ませようとする労力に比べたら、今ちょっとがんばるほうが絶対いいですね。

もちろん、がんばりすぎないこと。^^

ママの無理しすぎはゼッタイだめですよ。

まずは1冊からでもOKです。

これは英語でも同じことが言えます。

日本語の絵本とあわせて、英語の絵本も今からスタートしましょう。>>>

CTP 2-2

  

子どもを本好きにするために大切なこと

 子どもを本好きにするために大切なこと

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

息子は朝、読書をする習慣があります。

今朝読んでいた本はこちらです。


※画像クリックでリンクに飛びます

私が息子にと思って買ってきました。

重松清さんの本は名作ぞろいですし、中学受験する子は必読らしいです。

ですが、小学生には向かない本もあるので、まずは親が読むなどしてから子どもにすすめるといいですね。

それか小学校の図書室にある本ならOKでしょうか。

この「きよしこ」は小学生でもOKとのことだったので、私はまだ読んでいませんが、息子に渡しました。

「読んでみたら?」って渡したら、最初は「えーー。。。」って嫌そうだったけど、何かの時に15分だけ読んでみたらと渡したら、今朝自分から続きを読んでいました。

きっと面白かったんでしょうね。^^

子どもを本好きにするポイントは、

・赤ちゃんのころから読み聞かせをしてあげる
・幼稚園、小学校低学年などできるだけ続ける
・子どもが読みたい本を否定しない
・優良図書ばかり読ませようとしない
・親も一緒に楽しむ

 
などでしょうか。

もちろん、小学生高学年になってくるとテレビやゲームなどもっと刺激的で楽しいことにも出会っていきますから、「じゃあ15分だけ本を読もうよ。」っていう声掛けも必要になってくることもあります。

ですが、その年齢までに上記のことをやってくれば、スムーズにいきますよ。

これらのポイントは、本好きにする以外にもあてはまりますね。

無理強いしないけど、上手に導く。

大切なことですね。^^

英語絵本セットもそんな感じで上手に導いてあげてくださいね~♪こちらからチェック!>>>

 
 
 

楽しく知識もつけられるおすすめ絵本

 楽しく知識もつけられるおすすめ絵本

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は知識が増える絵本のご紹介です。

こちら、ご存知ですか?

ペレのあたらしいふく」です。

洋書と和書、両方ありますよ。

中はこんな感じです。

この絵本は、ペレっていう男の子が自分のあたらしいふくが欲しくて、ちょっとしたアルバイトをするんですけど、服ができていく過程が面白いんです。

服って、こんな風にできていくんだなーって知ることができるのも、とてもいいですよ。

お子さんも気に入ると思います。^^


※画像クリックするとリンクに飛びます

洋書はこちらからチェックしてくださいね。


※画像クリックでリンクに飛びます

英語絵本でのインプットもしながら、こういう絵本で楽しく知識もつけてくださいね。^^

 
 
 

お子さんの語彙を増やすための工夫

● お子さんの語彙を増やすための工夫

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日はお子さんの語彙を増やすのに最適な絵本のご紹介です。

子どもはママとのおしゃべりで言葉を覚えていきますが、ママが子どもに話しかけている言葉って、一日中記録してもとてもわずかな語彙なんです。

とくに赤ちゃんや、幼少期のお子さんにはママが主体で語り掛けますが、とても少ない言葉だけなんです。

「おはよう。」
「○○しようね~。」
「早く○○しなさい。」

 
などなど。

ですから、新しい言葉の名詞や、物の性質や状態をあらわす形容詞などは、意識して使わないと増えていきません。

ではまず、身の回りの物の名前などからおぼえていきましょう。

こちらの絵本セットがおすすめですよ!

かこさとしさんの「ことばのべんきょう」絵本セットです。


※画像クリックでリンクに飛びます

これねー、私も息子に、100回以上読まされましたよ。

単純に言葉の羅列がほとんどの絵本なのに、子どもってこういうのも気に入るんですよね。^^

4冊のラインナップはこちらになります。

ぜひぜひ、お子さんに読んであげてくださいね。^^

英語絵本も同じ理由で、絵本の活用が最適です。

英語が話せるママさんが語り掛けをしても、語彙が偏っています。

こちらの英語絵本セットなら、中学3年生修了程度の英語の語彙や文法がまんべんなく載っています。

それでいて、絵も可愛いし、内容もわかりやすくて楽しいですよ。

ぜひ活用してくださいね。

英語絵本セットはこちらからチェックできます。>>>

   
 

冬の名作絵本:手袋になんでこんなに入れるの?

● 冬の名作絵本:手袋になんでこんなに入れるの?

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

最近続けてご紹介している名作絵本です。

今日は、冬に読みたい名作絵本、てぶくろです。^^


※画像クリックでリンクに飛びます。

これ、昔息子と読んではまりました。(笑)

なんでこんなにてぶくろの中に入れるのーー??って面白くって。

なぜこれが名作なのかわかりませんが、好きな絵本です。

洋書もあります。

中身はこんな感じですね。

こんな感じで、少しずつ色々な絵本を読んであげてくださいね。

この場合は好きな絵本を選んだらいいと思います。

英語のインプットや英語子育てとして成果が欲しい場合は、英語絵本セットでのインプットをしてくださいね~♪

96冊セットを使えば、中学卒業程度の英語を習得できるように考えられているので、とても優秀な絵本セットです。

高額教材のようなお値段はしないので、みなさんから「コスパがいい!」と言われています。

まずは英語絵本セットからスタートしましょう。>>>

 
 
 

戌年の今年はまずこの絵本から!いぬが主役の名作絵本

 戌年の今年はまずこの絵本から!いぬが主役の名作絵本

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日もおすすめ絵本のご紹介です。

こちらの本も洋書と和書がありますよ~♪

イラストの雰囲気や色使いも独特でとっても可愛いです。


※画像クリックで絵本のリンクに飛びます

洋書はこちらになりますね。

一緒に読んでみると英語もわかりやすくていいですね。


※画像クリックでリンクに飛びます

名作絵本としても有名です。

息子も私も大好きな本です。

洋書の中身はこんな感じです。

ぜひ読んでみてくださいねー♪^^

 
 
 

冬から春にかけておすすめの絵本・洋書もあります

● 冬から春にかけておすすめの絵本・洋書もあります

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は今の季節から春にかけて読むのにおすすめの絵本のご紹介です。

内容もイラストもとっても素敵なんですよ。

こちらの絵本です。


※画像クリックでリンクに飛びます。

名作絵本としてもよく紹介されていますよね。

洋書もおすすめです。


※画像クリックでリンクに飛びます。

洋書でも名作絵本として表彰されています。

この日本語と英語でのタイトルの違いも、なかなか面白くて素敵なんですよ。

中身を読んでみて、なぜタイトルが違うのかを感じてみるのもいいですね。

我が家にはどちらもあります。

中のイラストはモノトーンですが、表紙の黄色がきいていて、中にも少し出てきます。^^

ぜひぜひ読んでみてくださいねー。^^