子どもがやる気になる英語絵本セットの使い方

● 子どもがやる気になる英語絵本セットの使い方

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

先日、英語絵本セットをお使いの方から、

「子どもがやる気になる英語絵本セットの使い方」

についてメッセージをいただきました。

由希子さん、こんにちは。

3歳になる娘が英語絵本セットをとても楽しんでいます。

英語絵本セットはシンプルな英語の繰り返しだし、歌になっているので楽しめるし、すごくいいですね!!

ちなみに、我が家は英語絵本セットと図書館で借りてきた絵本を、ウォールポケットに6冊ずつ入れて娘のテーブル席のすぐ近くに吊り下げているのですが、

娘は頻繁に目にすることになるので、1日一回は「読んで」と好きな本を数冊持ってきたり、CDをかけると自分でその内容の絵本を持ってきたりします。

これ、ほんとにオススメですので、是非是非ブログで他の方にも紹介して下さいませ。

 
わぁ、この使い方とってもいいですね!

使っているのはこちらのウォールポケットだそうですよ。


※画像クリックでリンクに飛びます

このように使っていらっしゃるそうです。

お写真送ってくださいました。^^

娘さんが絵本を見ていますね~♪

丸で囲んでいるところが英語絵本セットやCDで下のほうに入れてあるのが、図書館で借りてきた本だそうです。

こうやって目に見えると、忘れずにできそうですし、お子さんも目につくところにあるとやる気になりそうですね。

我が家も実は、絵カードなどではウォールポケットを使っていましたが、絵本を入れてはいませんでした。

素敵なアイデアを本当にありがとうございます。^^

英語絵本セットでのインプット、ぜひぜひ一緒にスタートしましょう。(こちらから)>>>

 
 
 

「発語前からCD掛け流しをするなら英語絵本セット(CTP)購入が大正解、と言い切れます!」

● 「発語前からCD掛け流しをするなら英語絵本セット(CTP)購入が大正解、と言い切れます!」

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

英語絵本セットをお使いの方から素敵なメッセージをいただきました。

1歳半ごろから英語絵本セットをお使いいただいて、途中休んだりしていたけど、現在また使ってくださっています。

由希子さん

こんにちは。

一年半ほど前に、英語絵本セット(CTP)96冊セットを購入しました。

娘はもうすぐ3歳になり、お陰様で英語絵本セット(CTP)大好き、図書館で借りる英語絵本のORTも大好きです。

もちろん、日本語の絵本も大好きです。

実は忙しい時に動画を見せていたら、依存症のようになり、英語絵本セットを聞かなくなりました。

そのため動画を見せるのをやめて、英語のDVDを見てほしいため、DWE(ディズニー英語)を購入しました。

ただDWEのCDとブックを取り入れてみたものの、2歳のこの時期には歌は長くて歌詞はちょっと難しいし、朗読はどんどん内容が進み、繰り返しが少なくて身に付けるには効率が悪そうだし、絵本は重いし硬いし長いし…で難しいんですよね。

それで、思い出したように英語絵本セットを取り出してみたところ、絵本はシンプルな英語の繰り返しだし、歌になっているので楽しめるし、すごくいいんです!!

英語絵本セットの休止前に頻繁にかけていたCDは、やはり発語前でも聴き覚えがあるようで、それ以外の初出しのCDとの反応が全然違うのにも驚かされました。

本当に赤ちゃんでもしっかり聞いていてくれてたんだなぁ、と、努力が報われた嬉しさが込み上げてきました。

今になってみれば、発語前からCD掛け流しをするなら英語絵本セット購入が大正解、と言い切れます!

由希子さんとの出会いでたくさんの刺激をいただき、娘の将来のために何ができるのかを考える、スタート日にもなりました。

ありがとうございました!

 
わぁ、とっても嬉しいです!!

「本当に赤ちゃんでもしっかり聞いていてくれてたんだなぁ、と、努力が報われた嬉しさが込み上げてきました。」

これ、本当にそうですよねー。^^

子どもたちの能力は計り知れないですね。

あとは、おっしゃるとおり、この英語絵本セットは乳幼児期の英語子育てにとっても向いています。

それでいて、中学英語もカバーしているという内容ですからね。

今からのインプットをおすすめしますよ~♪

英語絵本セットはこちらからチェックできます。>>>

 
 

【動画】英語絵本「on the go」を読む5歳の女の子

● 【動画】英語絵本「on the go」を読む5歳の女の子

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は英語絵本「on the go」を音読しているお子さんの動画をご紹介しますね!

英語絵本 eterno 5

5歳の女の子です。先日ご紹介した動画と同じ女の子です。^^

動画を見ていただければわかりますが、とても楽しそうに音読していますよ。

あせらずにコツコツインプットしていけば、このように音読練習もできるようになりますね。

ぜひご覧下さい。^^

英語子育て中の方は、きっと励みになりますよ♪

まだ英語絵本セットをお使いではない方は、今からインプットを始めましょう!>>>

rain

 
 
 

【算数が得意になる!】はじめてであうすうがくのえほん

● 【算数が得意になる!】はじめてであうすうがくのえほん

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

最近の記事に色々メッセージをいただいています。

「折り紙の本買いました!」
「ことわざの本買いました!」

 
などなど。^^

今日おすすめするのは、算数つながりで、こちらの本です。

はじめてであうすうがくのえほんです。


※画像クリックでリンクに飛びます

こちらは「すうがくのほん」って言っても幼稚園くらいから読んであげられます。

我が家は3冊全部そろえて何度も何度も読みましたよ。^^


※画像クリックでリンクに飛びます

「勉強」になると大変なことが多くなるので、その前に基盤を作っておくのがとっても大切です。

学ぶのって楽しいっていう感覚を作ってあげてほしいです。

我が家の息子も、「宿題めんどくさい。」とか「勉強大変!」とか言っていますが学ぶ楽しさは知っていると思います。

算数も得意科目ですしね。^^

ぜひ、こちらの本も取り入れてください。

もちろん英語も今からやっていきましょうね!>>>

 
 

【幼少期にやっておきたいこと】折り紙で遊ぶ!

● 【幼少期にやっておきたいこと】折り紙で遊ぶ!

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

幼少期にやっておきたいこと、折り紙もかなりおすすめです。^^

origami-2242306_640

・集中力を養う
・忍耐力を養う
・図形に親しむ
・想像力を養う
・手先が器用になる
・空間把握能力が向上する

 
などのメリットがあります。

こんな感じで季節の折り紙を楽しむのもいいですよ~♪

IMG_3285

これ、今年作ったものなんですよ。^^

小さいころから折り紙を息子と一緒にやってきたので、息子も好きなんです。(笑)

算数の図形とかにも強くなるので、今から親しんでおくとすごくいいですよ。

やはり昔からある遊びっていうのは、一通りやっておきたいですね。^^

こんな絵本を参考にするのもいいですね。


※画像クリックでリンクに飛びます

 
この本は我が家も愛用していて、たくさん作りましたよ~!!

正直大変でした。。。親はね。。。(笑)


※画像クリックでリンクに飛びます
 

こちらも楽しいですよ~。


※画像クリックでリンクに飛びます
 

あとはネット上にも折り紙のサイトなどありますから、参考にしてくださいね。

お金もかからないし、知育にもいい折り紙。

ぜひご家庭で楽しんでくださいね。^^

 
 
 

【幼少期にやっておきたいこと】ことわざ絵本に親しむ

● 【幼少期にやっておきたいこと】ことわざ絵本に親しむ

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

先日、メルマガ読者さまから、

「英語教育以外に幼少期にやっておいたほうがいいことは何ですか?」

というご質問をいただきました。

baby-2598005_640

たくさんあるので少しずつご紹介しますね。

「ことわざに親しむ」っていうのもおすすめです。

こんなことわざ絵本があります。

FullSizeRender (7)

素敵な絵本をたくさんかいていらっしゃる五味太郎さんの本です。

中はこんな感じで、お子さんでも楽しく読めるようになっています。

FullSizeRender (8)

覚えられたらもちろんいいですけど、今覚えなくてもOKです。

それこそ英語と同じで、まずは

・そういうものがある
・聞いたことがある

 
っていう感じで親しんでおきたいですね。

現に、今小5の息子も、最近の国語でまたことわざをやっているので、この本を出して読み始めましたよ。

この本、幼稚園のお子さんくらいから読み聞かせなどできると思いますが、小5の息子もそうですが、私も知らないことわざが結構あったりします。

幼稚園から読み聞かせできるけど、小学生でも十分使えるっていうことです。

読み聞かせしていると、この絵本に親しみがあるので、自分からこうやって読もうっていう気になるんです。

本格的に勉強する時期に、「これ読みなさい。」っていう感じで渡されるより、早めに親しんでおいてくださいっていうことですね。^^

英語も同じことです。

勉強する段階になってからスタートするより、早めに触れておくだけでもずいぶん違いますよ。>>>

rain 1

   

【動画】5歳の女の子の英語絵本の音読

● 【動画】5歳の女の子の英語絵本の音読

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は英語絵本セットをお使いいただいている方から、お子さんの動画を提供いただいたので、ご紹介しますね!

英語絵本 eterno 5

5歳の女の子です。

CDのかけ流しは、娘さんが嫌がった時は思い切って長期間お休みされていた方です。

それでもこんなに上手に音読できるようになっています。^^

コツコツインプットされてきた証拠ですね。

インプットのあとは、こんな感じで音読練習できるといいですね。

動画はこちらからチェックできますよ~♪>>>

ぜひご覧下さい。^^

そしてまだ英語絵本セットをお使いではない方は、今からインプットを始めませんか?>>>

rain

 
 
 

動画で解説!「英語絵本とCDで英語ができるようになる理由」

 動画で解説!「英語絵本とCDで英語ができるようになる理由」

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

英語絵本セットを使ってくださっている方から、先日こんなメッセージをいただきました。

英語CDを購入させて頂いてから、途中中だるみや家づくりで忙しくて聞かない時期もありましたが、聞かせていてやっぱりコップに水を入れる地道なインプット大事だなと感じています。

 
コップに水を入れるようなインプット、というのは、こちらの記事でも説明しています。

よかったらチェックしてください。こちら>>>

コップに水を入れる

また、先日、youtubeチャンネルを開設したのですが、もう登録していただきましたか?

まだの方はよかったらこちらからチャンネル登録お願いします。>>>

今後、色々動画を追加していきますので、楽しみにしていてくださいね。

こちらのyoutubeチャンネルでも、英語絵本セットの使い方を解説しています。

よかったらご覧くださいね。「英語絵本とCDで英語ができるようになる理由」>>>

英語絵本 eterno 5

 
 
 

1000冊チャレンジ絵本のカウントの仕方②

● 1000冊チャレンジ絵本のカウントの仕方②

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

1000冊チャレンジの絵本のカウントの仕方について、今日はアプリで管理する方法です。

昨日の記事はこちらです。

1000冊チャレンジ絵本のカウントの仕方②>>>

book-1659717_640

アプリもいくつかあるのでご紹介しますね。^^
 

1: ミーテ

 
最初はミーテです。

くもんが運営しているサイトなので、ご存知の方も多いかもしれませんね。

ミーテ 画像

ミーテのリンクはこちら>>>

くもんのサイトだけあって、読み聞かせの管理に向いています。

お子さんの反応なんかも絵文字のスタンプで入力できたり、絵本を読んだ日のカレンダーなんかも表示してくれるようになっています。

おすすめ絵本の紹介もあるので、いいですね。^^
 

2: ブクログ

 
次にご紹介するのは、ブクログです。

私も以前少しだけ使っていました。

ブクログ 画像

ブクログのリンクはこちら>>>

こちらは、web上に自分の本棚を表示できるようになっています。

それがちょっと面白くて使っていました。^^

それをブログのサイドバーに表示できるので、以前表示していたこともあります。

あとは、「いつまでに何冊読む」っていう目標を立てることもできますよ。
 

3: 読書メーター

 
次にご紹介するのは読書メーターです。

読書メーター 画像

読書メーターのリンクはこちら>>>

読んだ本を記録して、グラフを作ってくれます。

月ごとの冊数やページ数も記録できます。

あとは日本中の読書家さんたちとSNSでコミュニケーションしやすいアプリのようですね。

今の私の読書管理にも使ってみたくなりました。^^
 

まとめ

 
以上がおすすめアプリです。

他にも色々あるけど、だいたいこの3つくらいが主なところでしょうか。

絵本に特化しているのはミーテですが、他のサイトもチェックしてご検討くださいね。

わざわざアプリで管理するのが面倒っていう方は、結構アナログのほうが続けやすかったりします。

色々アバウトでもいいので、「きっちりやろう」と思わずに、まずは続けることを目標にやってみてくださいね。
 
 
 

1000冊チャレンジ絵本のカウントの仕方①

● 1000冊チャレンジ絵本のカウントの仕方①

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

1000冊チャレンジの絵本のカウントの仕方について質問をいただきました。

どのように記録していたか、ということですよね。

books-2630076_640

では、いくつかやり方があるのでご紹介しますね。^^
 

1: ノートに記録

 
普通に手書きでノートに記録するやり方ですね。

fountain-pen-1851096_640

これがシンプルで、かえってアプリなどを使うよりやりやすいっていう方もいらっしゃいます。

お子さんの成長記録のような感じにもなって、いいですね。

日付・タイトル・著者名など、続けられる範囲の情報を書いて、ページの下の合計冊数などを書いていくと、カウントもできますね。
 

2: 写真に撮って記録

 

私が実際にやっていたのは、写真に撮って記録です。

こんな感じです。(昔の絵本の写真がすぐに出てこないので、これは最近の写真です。)

FullSizeRender (3)

これをブログなどにアップして、合計冊数だけを更新していました。

タイトルなどを書くのも入力するのも面倒なときは、図書館に返す前にさっと写真に撮っていました。

それもできない時は、もう合計数だけ、だいたいでカウントしていましたね。

図書館に一度行くと20冊借りていたので、1ヶ月に40~50冊っていう感じでカウントしていました。

明日は管理できるアプリもご紹介しますね。^^

とにかく、楽に続けられるようにすることが大切ですよー。

記録するのが面倒で本を読むのも面倒になったら大変ですからね。

だいたいでカウントしていきましょう。

絵本を読むことが習慣になるように、コツコツやっていきましょうね。^^