絵本を読んでくれる環境づくりとオススメしかけ絵本

● 絵本を読んでくれる環境づくりとオススメしかけ絵本

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日も引き続き、メルマガ読者さまからの回答にお答えしていきます。

メルマガご登録まだの方はよかったらこちらからご登録お願いします。>>>

さて、昨日のご質問。

テレビの様な動く物しか興味なく全然絵本の話を聞かなく、自分でも、手に取ってくれない場合どうしたら良いでしょうか?

 

昨日の回答はテレビ視聴時間のルール作りについてでした。

今日は、「絵本を読んでくれる環境づくり」についてです。

 

ご質問をしてくれた方のお子さんは4歳とのことですので、まずはお子さんが好きな絵本から読んであげましょう。

それがアンパンマンとかアナ雪とかでもいいですし、我が家はトミカが好きだったので、この本たぶん100回くらい読んでいます。

(正直親はうんざりもします。。。(笑))


※クリックでリンクに飛びます

あとはしかけ絵本とか。

今の時期だとごれもおすすめ。


※クリックでリンクに飛びます

五味太郎さんの絵本はしかけ絵本じゃなくても色々楽しいので手に取ってみてくださいね。

これも我が家のお気に入り!

指でなぞりながら読む絵本なので、興味をひくと思います。


 

とにかくまずは、好きな絵本、楽しめる絵本から読んであげるといいですね。

また「絵本に親しむ」環境づくりとして、図書館に通うのもおススメです。

 

幼少期のころは子どもとべったりで、毎日毎日大変ですよね。時間も過ぎないし。

我が家は午前中図書館に行って、ついでに近くの公園で外遊びして食事して、帰りの車で寝てもらうっていう感じでルーティンみたいなの決めていました。

帰りの車で寝てくれなかったり、家に着いたら起きちゃったりとかもあるけど、少し寝てくれる時はほっと一息つけたりね。

図書館に行って毎回10冊~20冊借りて、色んな絵本に触れるようにしていました。

 

あとは読み聞かせとかも図書館の方がやってくれたりしますよね?

そうやって少しずつ絵本を好きになってくれる環境づくりをしていきましょう。


 
育児全般に言えることですけど、一つのボールを投げるだけじゃ効果が出ないことが多いです。

あの手この手で工夫して、どれか一つに少し反応してくれるといいなっていう感じなんです。

まぁちょっと大変な作業かもしれないけど、一つのやり方に反応してくれなくても、「じゃあまた違うボール投げるか~。」って感じで気軽に取り入れてみてください。

あと、お子さんのこと一番わかっているのはママさんなので、やり方をアレンジするとか工夫もしてみてくださいね!

これっていう正解がないのが子育てなので、一つがダメでもアレンジしたりあきらめずに色々やってみましょう。^^

もちろん無理のない範囲でね!

 
 
 

「テレビしか興味がなく絵本を読んでくれない場合はどうしたらいいですか?」

● 「テレビしか興味がなく絵本を読んでくれない場合はどうしたらいいですか?」

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日はメルマガ読者さまから読み聞かせについての質問をいただいたので、こちらで回答させていただきます。


 

その前に、まずお伝えしたいこと。

読み聞かせや幼児教育について色々発信していますが、大前提はママとお子さんの心身の健康です。


 

知育とか何もしていなくても、お子さんが元気に育っているだけで、ママとして素晴らしいことをしているんですよ。

そこだけは覚えておいてくださいね。^^

矛盾するかもしれませんが、知育はやったほうがいいとは思いますけど、無理してやるものでもないとも思っています。

頑張りすぎないでいきましょう。

ではでは、ご質問にお答えしますね!

テレビの様な動く物しか興味なく全然絵本の話を聞かなく、自分でも、手に取ってくれない場合どうしたら良いでしょうか?

 

なるほどなるほど。

子どもは動くもののほうが好きですよね。

やっぱり刺激が強いですから、興味も引きやすいです。

絵本を好きになってもらうには色々なポイントがあるんですけど、まずは環境を整えるっていう視点からお伝えしますね。

まずはテレビを見る時間を決めましょう。


 

ポイントはリモコンをお子さんが使って勝手に見るようにはしないっていうところです。

例えば我が家は、リモコンを使えるのは親だけで、見たいときは私に言うようにしていましたし、小さいころはなるべく見せないようにしていました。

(まぁ、どうしてもっていうときもあるので、できる範囲でお願いします。私もそうでしたから。)

基本的には夕方のNHKとか、録画しておいたNHKの番組とか、英語のDVDとかにしていました。

夕方ご飯作るときとかですね。

あとは、なるべくテレビを見せない。

まぁ、大変だし、なかなか難しいんですけどね。

とにかく時間帯とか、見る時間を決めることですね。

これはね、読書を習慣にすると楽ですよって話とつながるんですけど、テレビもダラダラ見ない、時間を決めてみるっていうのをやっておくと楽です。

そういうルール作りをしていきましょう。


 

例えばね、子どもがぐずらない様にご飯の間テレビをつけておくっていうご家庭があったんです。

でも、結局ご飯が進まないのでやめようと思ったけど、ギャン泣きの嵐でやめられなくなって苦労しているっておっしゃってました。

だからね、どこで楽をするか、なんです。

ご飯の時楽だからって思っても、やめさせるほうが大変だったりね。

テレビを見る時間のルール作りは大変だけど、ルールができれば楽です。

ルール作りが大変でそのとき楽したい、だと、あとから習慣を変えるときが大変かもしれません。

そううまくいくことばかりじゃないですけどね。^^

テレビをだらだら見ちゃうとか、テレビがつけっぱなしの時間があるっていう方は、気をつけましょう。^^

まずはそこからです。

引き続き、明日も質問の内容にお答えしますね。

明日は、絵本を読む習慣をつけるための工夫についてです。

 
 
 

中1の英語の定期テストに京大の入試問題が出ました!

● 中1の英語の定期テストに京大の入試問題が出ました!

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

先日、中1の息子が初めて英語のテストで100点を取りました。

正確には106点。


 

なんで、そんな中途半端な点数かというと、先生が実力問題をたくさん出すので誰も100点が取れないんです。

それでみんなが100点取りたい!って言うので、実力問題はプラス10点のところにたくさん出すことになったみたい。

なので110点満点で、100点~110点は全員100点ってことみたいです。(笑)

だってね、京大の入試問題が出たんですよ。中1のテストで。

それをね、難しすぎる!って文句言いながらもちょっと楽しそうに、「読み上げるから聞いてね!」って問題文読んでくるんですよ。

いや、読まれても解けませんよ、私。

息子に英語絵本とか読んできてよかったなぁって思うのが、この「英語に苦手意識がない感じ」です。


 

これって結構大切ですし、ハードルも高くないと思いませんか?

小学生で英検1級とかみたいなの、すごいけど、ちょっとハードル高いですもんね。

うちは、英語絵本はずっとやってきたけどそれ以外はあまりできなくて、小学生の間はそこまで英語やってないので、実は中学入ってからの英語はどうなるかなぁって思ってたんです。

でも、やっぱりコツコツ英語に触れてきたのは、息子の力になっているようです。

もっと英語ガッツリやってるスーパーママさんとかたくさんいらっしゃるけど、我が家はほんとゆるゆるで、ちゃんと英語絵本しっかりやってたのも小学校入る前まで。


 
小学校入ったら英語以外の勉強が忙しいですしね。

それでも、発音の上手さや聞き取る力などありますし、ベースがあればあとは本人がどう勉強頑張るか、ですもんね。

ベースの力だけでも今からコツコツつけてあげませんか?

英語絵本セットまだの方はいまからスタートしましょう!>>>


 

あ、ちなみに、京大の入試問題は惜しい子が一人いたけど、全員不正解だったそうです。(笑)

 
 
 

読書する人だけがたどり着ける場所

 読書する人だけがたどり着ける場所

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日はこちらの本のご紹介です。

「読書する人だけがたどり着ける場所」


※クリックでリンクに飛びます

タイトルがとても興味深いですし、つねづね読書はいい!と思っているので、それを全部表現してくれたかのようです。^^

・読書をするとどんな風にいいのか
・どんな読み方がいいのか
・分野別おすすめの本

 
などが書かれています。

 

なかでも子育て中のママにご紹介したい内容がこちらです。

宮崎駿さんはインタビューの中で、「子どもが気に入って『となりのトトロ』を何十回も見ています」というお母さんに向けて「そんなことをしてはダメです」ということをおっしゃっていました。名作だからといって、子どもに繰り返し見せるものではないというのです。(上記著書より引用)

 

その理由について宮崎駿さんはこのように述べています。

ただ、基本的には、ビデオのスイッチをつけるということと絵本を開いて見るということとは本質的に全く違う行為だと思います。

映像は、見ている見ていないに係わらず一定のスピードで送り出される一方的な刺激ですが、絵本は、違います。

今のように子どもたちが、映像に頼れば頼るだけ、これからは現実の生活の中で、絵本を楽しむような時間が必要になってくるんじゃないですか。

(『折り返し点』宮崎駿著・岩波新書 上記著作より引用)


 
このようなセリフをトトロのファンですと言ってくれる方に伝えること自体が、読書や読み聞かせの大切さを物語っていますよね。

トトロをたくさん見るのがダメっていうことじゃなくて、絵本も読みましょうっていうことです。^^

映像だけでは想像力がつきにくいっていうことですね。

頭を使わなくてもいいっていうこと、と書かれています。

読み聞かせのほうが頭を使っているということですね。

頭の中で色々な想像力を働かせていますから。

読書って読解力うんぬんだけじゃなくて、色んな能力が鍛えられると思いますし、知識も増えますしね。


 
少しずつできる範囲で読み聞かせしてあげてくださいね。

洋書を読む英語力にも、つながっていくと思いますよ。^^

 
 
 

I want ~の例文とIから始まる単語を覚えていきましょう!

● I want ~の例文とIから始まる単語を覚えていきましょう!

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日はフォニックス教材の「I」の絵本のご紹介です。

Iは、主語としても使われる文字なので、単語だけでなく例文でも覚えていきます。


 
I want~の文章ですね。

よく使う例文ですし、お子さんにも覚えやすい、使いやすい、例文だと思います。^^


 
他のページはこんな感じです。

ice creamもおなじみの単語ですね。^^

I want~の例文を覚えながら、Iから始まる単語や発音を覚えていきましょう。

フォニックス教材は、アルファベット分の26冊の絵本があります。


 

仮に一ヶ月に2冊覚えるとしても、一年はかかりますね。

今からスタートしませんか?

フォニックス教材の詳細はこちらからチェックしてくださいね。>>>

 
 
 

お子さんに読書習慣をつけるとプラスになる3つのポイント

● お子さんに読書習慣をつけるとプラスになる3つのポイント

こんにちは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

最近息子が小学生のころ、はまって読んでいた本がこちらの本です。

大人もはまる名作、「バッテリー」です。

FullSizeRender (5)

野球のピッチャーとキャッチャーをセットでバッテリーと言います。

野球少年の青春物語です。

アニメにもなっていますね。

慶応義塾中等部などに合格した芦田愛菜ちゃんも、小学生時代、バッテリーは読んだそうですね。

これで野球のルールを覚えたそうです。

芦田愛菜ちゃんは、多忙な生活にもかかわらず、たくさんの本を読んでいたそうです。

読書量 → 賢さ に必ずしも直結しないかもしれませんが、知識や語彙、国語力など、プラスになることが多いです。

勉強や受験にも役立ちますが、そのためだけではなく、お子さんには読書週間をつけてあげましょう。

読書週間をつけると、どんなプラスのポイントがあるのか、以下にまとめました。^^
 

1: 自然に本が好きになるので親がラク!

 
幼少期、赤ちゃんのころから絵本を当たり前に読んでもらっていると、自然に絵本が好きになります。

Mother and Daughter Reading Together

絵本がある生活が当たり前になります。

絵本好きから本好きになっていきますね。

小学生になって国語の授業などがはじまってから、読書の大切さに親が気付いて、お子さんに本を読ませようと思っても、結構労力がかかります。

他の勉強も始まっていて忙しいですし、遊びもしたいし、テレビも見たい、ゲームもしたいからです。

幼少期から本好きになっていると、たとえゲームをしても、本も読むという方向へ修正してあげるのも簡単です。

ぜひ、赤ちゃんのころから、読み聞かせをしてあげてくださいね。

 

2: 勉強にも役立つ!

 
本が好きになると、本を読むことが苦じゃなくなります。

本を読む → 文字を読む ということですから、国語の読解問題はもちろん、他の教科の教科書を読むのも文字を読む作業です。

その時点で苦労しないほうが、勉強もスムーズに進みますよね。

今、お子さんが赤ちゃんや幼児さんの場合はもちろん、小学生だったとしてもぜひ今から習慣づけてあげましょう。

  

3:授業もちゃんと聞ける!理解力があがる!

 
読書といっても、まずはママの読み聞かせからスタートしますよね。

耳で聞いて、内容を理解していきます。

これは、集中力がとても養われます。

以前新聞で読んだ記事ですが、高校野球の球児に監督が絵本の読み聞かせをするようになった事例があります。

baseball-1425124_640

普通の絵本ですよ!(笑)

このことによって、高校球児たちの野球の成績が上がったそうです。

それは、理解力があがって、監督やコーチの指示の言いたいことを深く理解して行動できるようになったからと言われています。

高校生でも効果が出るって、すごいことですよね。

ぜひ今から、絵本の読み聞かせをしてあげましょう。小学生への読み聞かせも、効果ありますよ。^^
  

まとめ

 
読書習慣は、上記の3つのポイント以外にも、たくさんのプラスの効果があります。

読み聞かせをするのは、ママも結構時間を取られますし、労力もかかりますよね。

でも、今その時間をとっておくと、ママもあとがラクになります。

小学校に入ってから本を読ませようとする労力に比べたら、今ちょっとがんばるほうが絶対いいですね。

もちろん、がんばりすぎないこと。^^

ママの無理しすぎはゼッタイだめですよ。

まずは1冊からでもOKです。

これは英語でも同じことが言えます。

日本語の絵本とあわせて、英語の絵本も今からスタートしましょう。>>>

CTP 2-2

  

PISA読解力のランキング、日本は8位から15位に下がりました

● PISA読解力のランキング、日本は8位から15位に下がりました

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

PISA(学習到達度調査)の結果がニュースになっていたのでご覧になった方も多いと思います。

日本の15歳の読解力のランキングが8位から15位に下がったそうですね。


 

テストのやり方とか内容とか、一概に大騒ぎするものではないそうですが、他国との比較ではなく日本だけ見てもだいぶ下がっていることには変わりないですね。

読解力の低下はある程度事実なのでしょう。

本を読む人が減っているし、大学生でも全く本を読まないという人が多いというデータも出ていますね。


 
まずは、ご家庭で「本を読む習慣」をつけてあげましょう。

幼少期の読み聞かせが効果的です。

毎日家事や育児で忙しいのに読み聞かせまでってなると大変かと思いますが、できる範囲でやっておくと後から楽になります。

小学生になってから、読書習慣をつけてあげようとしても、さらなる努力が必要になってきます。

勉強も習い事も忙しいですしね。


 
それに読み聞かせは親子の心の安定にも効果があります。

お子さんだけでなく、ママのほうにも効果があるそうですよ。^^

寝る前とか数冊でもいいので、今から少しずつやっていきましょう。

もうお子さんが小学生っていう方も、今からでも読み聞かせしてあげてくださいね。

息子の中学でも先生による絵本の読み聞かせ、ありましたよ。

いつまででも、効果があるものなんです。

私がやっていた1000冊チャレンジも参考にしてみてくださいね。こちらからチェックできます。>>>

 
 
 

繰り返しの例文で覚えやすくなっています

● 繰り返しの例文で覚えやすくなっています

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日はフォニックス教材のアルファベットGの絵本のご紹介です。


 

Gの絵本は、「Go」の単語と繰り返しの例文で、覚えやすくなっています。

出てくる単語はGで始まるものを使っていますね。

例えばこんな感じ。

girlもgで始まる単語ですね。

次は単語を入れ替えて、同じ例文を使っています。


 
gooseですね。

こんな感じでGの絵本は繰り返しの例文と、単語の入れ替えで、リズムよく覚えられるようになっています。

他のページにも、Gで始まる単語が出てきますよ。お楽しみに!!

フォニックス教材はこちらから詳細チェックできます。>>>

ぜひチェックしてくださいね。^^

 
 
 

どちらを使ったらいいですか?英語絵本セットとフォニックス教材

● どちらを使ったらいいですか?英語絵本セットとフォニックス教材

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

最近、フォニックス教材の中身のご紹介をしているので、こんな質問をいただきました。

「英語絵本セットとフォニックス教材、どちらを使ったらいいですか?」


 

それは、「どちらも!!」っていうのが答えですが(笑)、どちらかだけなら断然英語絵本セットです。


 

フォニックス教材は、英語絵本セットに追加で使うとか、他の英語教材に追加で使う、などの使い方がベストです。

フォニックス教材だけっていうのは、あまりお勧めしません。

例えば日本語でも、絵本で普通の自然な言葉の使い方を学びますよね。

学ぶっていうか、自然に学んでいきますよね。

英語も発音の一部分だけを切り取って学ぶより、絵本で英語全体の音というか、流れみたいなものをインプットしていきたいです。

96冊セットまで使っていただくと英検3級程度までカバーできる内容になっています。

まだ使っていないかたはぜひスタートしてくださいね。>>>


 
 
 

早口言葉みたい!「Five firefighters fight the fire.」

● 早口言葉みたい!「Five firefighters fight the fire.」

こんばんは。国産バイリンガルの育て方講師の加藤由希子です。

今日は早口言葉みたいなフレーズが載っている英語絵本のご紹介です。

まずこちらご覧ください。

フォニックスの「F」の発音や単語を覚える絵本です。


  

「Five firefighters fight the fire.」

早口言葉みたいだけど、なんだかリズムがあってスムーズに読めそうですよね。

フォニックスの絵本なんだけど、アルファベットによって色んな方法で楽しませてくれています。


 
 
ちゃんと火は消えましたよ。^^

普通の絵本のようにちょっとした物語になっているのもいいですね。

これらの絵本、アルファベット分26冊そろっているのがフォニックス教材です。

CD-ROMを使ってクイズができたり、簡単なワークができたりもするので、とってもお得です。


 

少しずつ他の絵本もご紹介しますね~♪

ぜひおうちでの英語子育てに使ってみてください。

フォニックス教材の詳細はこちらからご覧ください。>>>